基本

let、make、haveを使った使役構文

英語の基本を学ぶ

英語では相手に「~させる」という表現を使役構文を使って表現します。

でも使役構文は特別な構文ではなく以前に書いた「第5文型(S+V+O+C)の目的語説明型」の一部で、使役動詞と呼ばれる「make」、「have」、「let」を使用します。

使役構文

使役構文は特定の動詞「make」、「have」、「let」を使って表現します。

  • make + 目的語 + 動詞の原形
  • have + 目的語 + 動詞の原形
  • let + 目的語 + 動詞の原形

makeを使った使役構文

まずは「make」を使った使役構文です。

  • I made my son clean his room.(私は息子に部屋を掃除させた。)
  • I made my son eat vegetables. (私は息子に野菜を食べさせた。)

このように使役動詞の「make(madeは過去形)」は「無理に~させる」と言った強制的な意味を持ちます。

haveを使った使役構文

次に「have」を使った使役構文です。

  • I had my husband paint the wall.(私は息子に壁を塗ってもらった。)

使役動詞の「have」は「make」のような強制性はなく単に「してもらう」といった意味になります。

letを使った使役構文

3つ目に「let」を使った使役構文です。

  • My father let me use his car.(父は車を使わせてくれた。)
    letの過去形はletです。ここでは3人称単数ではありません。

使役動詞の「let」は「~をさせてください」や、一般動詞の「allow」のようなに「~を許可する(軽い許可を求める)」といった意味になります。

まとめ

使役構文というと難しく考えがちですが、主な種類は「make」「have」「let」の3つで、形も「第5文型(S(主語)+V(動詞)+O(目的語)+C(補語))の目的語説明型」です。

以上、let、make、haveを使った使役構文でした。

LOBi Education