仮定法

英語の仮定法は「もし〜なら、…なのに」や「もし〜だったら、…だっただろうに」と現在や過去のある時点で現実と異なっている仮定の状況を状況を述べる用法です。