英語学習の当サイトおすすめ書籍

【強調構文】It is ~ that … の強調構文の作り方と使い方

英語の辞書

会話の中で、強調したいものがある時に用いるのが強調構文です。

今回はIt is ~ that … の形をとる強調構文を見ていきます。

It is ~ that … の強調構文

It is ~ that … の強調構文は強調したい語をIt is ~ thatで挟むことで表現します。

It is ~ that … の強調構文は強調したい語をIt is ~ thatで挟む

例えば以下の部分の「主語」を強調する場合はその主語をIt is ~ thatで挟みます。

例文
【元】John saw a bear in the forest yesterday.
   ジョンは昨日、森の中で熊をみました。
【Johnを強調する】
   It was John that saw a bear in the forest yesterday.
   昨日森の中で熊を見たのはジョンだった。

他の部分も同じようにIt is ~ thatで挟むと強調されて響きます。

例文
【 を強調する】
   It was a bear that John saw in the forest yesterday.
   昨日ジョンが森の中で見たのはだった。

例文
【in the forest を強調する】
   It was in the forest that John saw a bear yesterday.
   昨日ジョンが熊を見たのは森の中だった。

例文
【yesterday を強調する】
   It was yesterday that John saw a bear in the forest.
   ジョンが森の中で熊を見たのは昨日だった。

その他の構文に関する記事

英語の辞書【構文】too ~ to…構文の使い方英語の辞書【構文】It’s time for… の使い方英語の辞書【知覚構文】知覚動詞「見る」「聞く」「感じる」「気づく」の使い方英語の辞書【構文】It is~(for人)to…構文、形式主語の使い方英語の辞書【強調構文】強調のdo/doesの作り方と使い方英語の辞書【there構文】There is ~,There are ~の作り方と使い方英語の辞書【使役構文】使役動詞let、make、have、getを使った使役構文の作り方と使い方英語の辞書【分詞構文】分詞構文の作り方と使い方