基本

【助動詞】mustとhave toの違い

英語の辞書

助動詞mustとhave toはどちらも「しなければならない」と訳されますが、ニュアンスが少し異なります。

その違いを見ていきます。

mustとhave toの違い

助動詞mustとhave toはどちらも「しなければならない」と訳されます。

ただこの2つはすこしだけニュアンスが異なります。

  • mustは「しなければならない」と強く思うだけ
  • have to は強い客観的な必要性を示す表現
  • The boss is really strict about deadlines. As a newcomer, you want to make a good impression, so you must finish the report on time.
    ボスは締め切りにはとても厳しいのよ。新人として、あなたはよい印象を与えたいでしょうから、予定どおりに報告書を完成させなければならないわ。

  • You have to have your hair cut.
    髪を切ってもらわないといけないわ。

mustとhave toの否定の場合の意味の違い

mustとhave toは否定文にすると意味が大きく変わります。

  • must notは「禁止(してはならない)」
  • have to は「する必要はない」

助動詞の関連記事