英語学習の当サイトおすすめ書籍

【助動詞】will/wouldの使い方

英語の辞書

助動詞willには未来を表現するwillが有名ですが、「意思」「予測」の意味があります。

この記事ではwillの使い方を例文を見ながら学習します。

過去形はwouldですが、wouldは丁寧表現や仮定法として使われることも多くあります。

平叙文での助動詞willの使い方

助動詞willは平叙文では動詞の前に置いて使います。この場合は動詞は動詞の原形になります。

平叙文でのwill
  1. 平叙文では助動詞willは動詞の前に置く
  2. 動詞は原形を使う
例文
  • I will win.
    私は勝つ

疑問文でのwillの使い方

疑問文では助動詞のwillは文の先頭において使います。この場合は動詞は動詞の原形になります。

疑問文でのwill
  1. 疑問文では助動詞willは動詞の前に置く
  2. 動詞は原形を使う
例文
  • Will you marry me?
    私と結婚してくれませんか?

否定文でのwillの使い方

否定文では助動詞のwillの後ろにnotを置いて動作を否定します。この場合は動詞は動詞の原形になります。
(短縮形は「won’t」になります)

否定文でのwill
  1. 否定文では助動詞willの後ろにnotを置く
  2. 短縮形はwon’t
  3. 動詞は原形を使う
例文
  • I won’t give up.
    私は諦めません。

willの過去形

willの過去形はwouldです。

ただし単純に「過去」を示す場合以外にも「丁寧表現」や「仮定法」などの部品と使われる場合も多くあります。

willの用法

助動詞willの意味は、大きく分けて「意志」「予測」に分類できます。

意志のwill

willは「~しよう」「~します」のようにこれから行うことの意思表示を表現できます。

例文
例文

予測のwill

willは「~だろう」のように未来についての予測を表現することができます。

例文
  • You’d better take an umbrella because it will rain later.
    このあと雨が降るだろうから、傘を持っていったほうがいいよ。
例文

未来表現のwillとbe going toの違い

助動詞のwillが表す未来表現とbe going toが表す未来表現はよくイコールのようにとらえられますが、ニュアンスが少し異なります。

詳しくは以下の記事を参照してください。

参考 未来表現作り方と使い方これでわかった基礎英語

例文-Other examples-

その他の例文をあげておきます。

例文
例文
  • I will look after your cat while you’re away on vacation.
    君が旅行に行っている間、君の猫の世話をしてあげるよ。
例文
例文
  • I know it’s tough, but I will become an astronaut.
    大変だということはわかっているけど、私は絶対に宇宙飛行士になります。
例文
例文
例文
例文

助動詞の関連記事

英語の辞書【品詞】英語での品詞の種類英語の辞書【助動詞】助動詞+完了形は過去の可能性と過去の後悔を表現できる英語の辞書【助動詞】基本助動詞の信頼度英語の辞書【助動詞】shall/shouldの使い方英語の辞書【助動詞】mustの使い方英語の辞書【助動詞】may/mightの使い方英語の辞書【助動詞】can/couldの使い方英語の辞書【助動詞】mustとhave toの違い英語の辞書【強調構文】強調のdo/doesの作り方と使い方英語の辞書【助動詞】助動詞の種類と使い方