基本

【形容詞】~thingの修飾は後ろから行う

通常形容詞で名詞を修飾する場合は名詞の前に形容詞をおきます。

ただし修飾される名詞がsomething、anything、nothing、everythingのように「-thing」で終わるものは修飾する形容詞は後ろに置きます。

~thingの修飾は後ろから行う

修飾される名詞がsomething、anything、nothing、everythingのように「-thing」で終わる場合は通常の名詞とはことなり、形容詞は後ろに置かれます。

  1. something、anything、nothing、everythingを形容詞で修飾する場合は後ろにおく

例文-Other examples-

以下に例文をあげておきます。

  • There must be something wrong.
    何か問題があるに違いありません。

  • I'll give you something nice.
    何かいいものをあげるよ。

  • I want something cold to drink.
    何か冷たいものが飲みたい。

  • Is there anything wrong?
    何か問題がありますか?

  • There was nothing special today.
    今日は特別なことは何もありませんでした。