基本

【助動詞】助動詞の種類と使い方

英語には「助動詞(auxiliary verb)」というものが存在します。

文字通り「動詞を助ける」働きをし「能力」、「推定」、「可能性/推量」、「許可」、「依頼」などを表現する場合に使います。

助動詞の種類

助動詞には以下のものが存在します。

助動詞 主な意味
can/could ~することができる。
may/might ~かもしれない。
must ~しなければならない。
shall/should ~します。
will/would ~します。
have to ~しなければならない。
had better ~した方がよい。
used to 以前は~でした。
need ~する必要がある。
ought to ~すべきである。~のはずである。
dare ~する勇気がある。あえて~する。

助動詞の使い方

助動詞は基本的な使い方は動詞の前に置くです。

助動詞の肯定文での使い方

助動詞は肯定文では動詞の前に置いて使います。

また、助動詞の後ろに来る動詞は原形になります。

助動詞の疑問文での使い方

肯定文では助動詞を動詞の前に置き、その後ろの動詞は動詞の原形になります。

  • He can play the piano.
    彼はピアノを弾くことができます。

助動詞の否定文での使い方

否定文では助動詞を動詞の前に置き、その助動詞に否定の「not」をつけます。

後ろの動詞は動詞の原形になります。

  • He can not play the piano.
    彼はピアノを弾くことができません。

助動詞の疑問文での使い方

疑問文では助動詞を文の先頭に置きます。

後ろの動詞は動詞の原形になります。

  • Can he play the piano?
    彼はピアノを弾くことができますか?

助動詞を使う上での注意事項

助動詞を使う上で以下の点に注意しなければなりません。

助動詞は2つ重ねて使うことはできません。

助動詞の関連記事