基本

【助動詞】mustの使い方

助動詞のmustは「義務・必要」「禁止」「勧誘(強い提案)」「推量」「必然」を表現します。

mustは強いプレッシャーのあるイメージの単語です。

この記事ではそのmustの使い方を学びます。

平叙文での助動詞mustの使い方

助動詞mustは平叙文では動詞の前に置いて使います。この場合は動詞は動詞の原形になります。

  1. 平叙文では助動詞mustは動詞の前に置く
  2. 動詞は原形を使う
  • you must finish the report on time.
    予定どおりに報告書を完成させなければなりません。

疑問文でのmustの使い方

疑問文では助動詞のmustは文の先頭において使います。この場合は動詞は動詞の原形になります。

  1. 疑問文では助動詞mustは動詞の前に置く
  2. 動詞は原形を使う
  • Must I finish the report on time.
    予定どおりに報告書を完成させなければなりませんか?

否定文でのmustの使い方

否定文では助動詞のmustの後ろにnotを置いて動作を否定します。この場合は動詞は動詞の原形になります。

  1. 否定文では助動詞mustの後ろにnotを置く
  2. 動詞は原形を使う
  • You must not use this pen.
    このペンを使ってはいけません。

mustの否定形は強い禁止の意味になります。

mustの過去形

助動詞mustには過去形はありません。

過去のことを表現したい場合は「had to」を使うようにします。

mustの用法

助動詞mustの意味は、大きく分けて「義務・必要」「禁止」「勧誘」「推量」「必然」に分類できます。

義務・必要のmust

義務・必要のmustは多くの場合「~しなければならない」と訳されます。

  • You must arrive on time, or you won't be seated.
    時間通りに到着しなければなりません、さもないと席まで入れてもらえません。

禁止のmust

禁止のmustは否定文で「~してはならない」と訳されます。

  • You mustn't believe anything my aunt tells you.
    おばの言うことは何も信じてはいけない。

勧誘のmust

勧誘のmustは多くの場合「ぜひ~しなさい」と訳されます。
相手に何かを強く勧める時に使える表現です。

  • You must come and see us when you come to San Francisco.
    サンフランシスコに来られたら、ぜひ家にもいらしてください。

推量のmust

推量のmustは多くの場合「きっと~だろう,きっと~のはずだ」と訳されます。

  • You are right. This must be a joke.
    君の言うとおりだ。これはきっと冗談だろう。

必然のmust

必然のmustは多くの場合「~するしかない」などと訳されます。

  • Every creature must get old.
    すべての生き物は老いていかなければならない。

例文-Other examples-

いくつか例文をあげておきます。

  • There must be something wrong.
    何か問題があるに違いない。

  • You must promise not to laugh, OK?
    笑わないって約束してくれなきゃだめだよ。いいかい?

助動詞の関連記事