基本

主語を説明する文。第2文型「説明型(S+V+C)」の作り方

英語の基本を学ぶ

英語は必ず以下の5つの文型に分類することができます。

  • 第1文型(自動型)   :主語(S)+動詞(V)
  • 第2文型(説明型)   :主語(S)+動詞(V)+補語(C)
  • 第3文型(他動型)   :主語(S)+動詞(V)+目的語(O)
  • 第4文型(授与型)   :主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+目的語(O)
  • 第5文型(目的語説明型):主語(S)+動詞(V)+目的語(O)+補語(C)

英語の文型で第2文型(説明型)と呼ばれる「S+V+C」の形をとる文型です。

この文型の特徴は「主語を説明語句(C)で説明する」という形になることです。

第2文型「説明型(S+V+C)」の作り方

この文型は必ず「主語(Subject)を補語(Complement)で説明する」形になります。

つまり「主語(Subject)=補語(Complement)」になります。

  • I am a teacher.(私は教師です。)
  • He is my brother.(彼は私の兄(弟)です。)

このように「私=教師」、「彼=私の兄弟」のように必ず「主語と補語」がイコールの関係になります。

また、以下のようにbe動詞だけではなくて一般動詞を使っても同じような効果を表すことができます。

  • You look so happy.(あなたはとても幸せに見えます。)
  • It sounds so strange.(それはとても奇妙に聞こえます。)
  • It seems so strange.(それはとても奇妙に思えます。)

これらのように「you=happyに見える」「it=strangeに聞こえる」「it=strangeに思える」のように主語がどのように「見える(聞こえる、「思える)」と主語の状態を説明す文を作ることができます。

第2文型「説明型(S+V+C)」で使う動詞は「不完全自動詞」

この第2文型「説明型(S+V+C)」で使う動詞は「不完全自動詞」と呼ばれる動詞です。
「不完全自動詞」とは自動詞の中で、必ず「補語(説明語句)」を伴う動詞です。

不完全自動詞には「be動詞」「look」「seem」「sound」などがあります。

以上、主語を説明する文。第2文型「説明型(S+V+C)」の作り方でした。

英語の基本を学ぶ
主語と自動詞で文を構成する第1文型「自動型(S+V)」の作り方英語の基本の5つの文型のひとつ「第1文型(自動型)(S+V)」は主語と動詞だけで意味が成り立つ文型で一番シンプルな文型です。...
英語の基本を学ぶ
主語を説明する文。第2文型「説明型(S+V+C)」の作り方英語の文型で第2文型(説明型)と呼ばれる「S+V+C」の形をとる文型です。...
英語の基本を学ぶ
動作が直接目的語に影響する文型。第3文型「他動型(S+V+O)」の作り方今回学習するのは英語の文型で動作の影響が直接目的語に及ぶ形の第3文型(他動型)の「S+V+O」です。...
英語の基本を学ぶ
授与を表す文型。第4文型(授与型)の「S+V+O+O」の作り方目的語を2つ並べて〇〇にXXを与えるという意味になる第4文型(授与型)の「S+V+O+O」です。...
英語の基本を学ぶ
第5文型「S+V+O+C(目的語説明型)」の作り方英語の文型の中で最も複雑で、苦手な人が多い第5文型(目的語説明型)(S+V+O+C)です。...