基本

【時制】現在進行形の作り方

英語の基本を学ぶ

現在進行形は現在形とは違い、今まさに行われていることを表す文章です。

現在形は「習慣」や「状態」を表す表現です。

現在進行形と現在形の違いを具体的に見ていきましょう。

現在進行形で学ぶこと
  1. 現在進行形はbe動詞+動詞ing形でつくる
  2. 現在進行形はbe動詞+動詞ing形は今まさに起こっていることを表現できる

現在進行形とは

まずは現在進行形の作り方です。

  • 主語 + be動詞 + 動詞ing形 + ・・・

be動詞+動詞ing形が基本なので、気をつけるのは主語によってbe動詞の形が変わります。

  • I am playing the piano.
    私はピアノを弾いています
  • You are studying English.
    あなたは英語を勉強しています
  • He is talking in the room with his mother.
    彼は彼のお母さんと部屋で話をしています
  • She is watching TV.
    彼女はテレビを見ています
  • We are playing baseball.
    私たちは野球をしている

現在形と現在進行形の意味合いの違い

現在形と現在進行形の意味合いの違いは

  • 現在形  ・・・習慣化されたもの、繰り返し行われるもの、状態を表す。
  • 現在進行形・・・今現在行っている動作、行動を表す。

です。

例えば
I play the piano.(私はピアノを弾きます)
なら
私はピアノを弾くが今現在は弾いているかどうかはわからない。
でも
I am playing the piano.(私はピアノを弾いています。)
なら、いままさにピアノを弾いている状態なのです。
それが習慣化しているのか、たまたま弾いているのかはわかりません。

現在進行形を作らない動詞

一般的には「動作」を示す動詞では現在進行形は作りません。

そのような動詞には以下のものがあります。

一般的には現在進行形を作らない動詞。

  • know(知っている)
  • have(持っている)
  • see(見える)
  • like(好きである)
  • understand(理解している)
  • hear(聞こえる)
  • need(欲している)

などがあります。

現在進行形のまとめ

主語が単数形 I am + 動詞ing
you are + 動詞ing
he is + 動詞ing
she
it
主語が複数形 we are + 動詞ing
you
they
現在進行形のまとめ
  • 主語 + be動詞 + 動詞ing形 + ・・・
英会話