英語学習の当サイトおすすめ書籍

英語で「思い立ったが吉日」は何という?

英会話の学習

日本語の「思い立ったが吉日」は英語では

Never put off till tomorrow what you can do today.
と表現します。

キーワードは「put off till」

試験や受験に出そうなキーワードはput off till ~す。

訳は~までのばす。~まで延期するといったような意味です。

ですのでこの文は「否定」なので「明日までのばすな」と否定の命令文になりますね。

what以下は名詞句でこの「what」は「何」ではなくて「~すること」という名詞句を作る役割を持っています。

訳は「今日あなたができること」です。

その他の表現

調べてみると「思い立ったが吉日」はその他の表現もあるようです。

  • Strike while the iron is hot.(鉄は熱いうちに打て。)
  • There is no time like the present.(直訳:現在のような時間はない。)
  • Make hay while sun shines.(日が照っているうちに干草を作れ。)
  • Procrastination is the thief of time. (一日延ばしは時間泥棒である。)
などなどいろいろな表現ができるようです。

その他の定型表現・慣用句・句動詞

英会話の学習 定型表現、熟語、句動詞のまとめ