文型

スポンサーリンク
トピック

英語は「説明は後ろに並べる」が基本「説明ルール」

英語は「説明は後ろに並べる(説明ルール)」が基本。英語は大事なことを先に言うというクセがあります。なのでこの「説明は後ろから」と言った日本語とは逆の語順になるのですね。
基本

let、make、haveを使った使役構文

let、make、haveを使った使役構文を学習します。
基本

【文型】第5文型「S+V+O+C(目的語説明型)」の作り方

英語の文型の中で最も複雑で、苦手な人が多い第5文型(目的語説明型)(S+V+O+C)です。
基本

授与を表す文型。第4文型(授与型)の「S+V+O+O」の作り方

目的語を2つ並べて〇〇にXXを与えるという意味になる第4文型(授与型)の「S+V+O+O」です。
基本

動作が直接目的語に影響する文型。第3文型「他動型(S+V+O)」の作り方

今回学習するのは英語の文型で動作の影響が直接目的語に及ぶ形の第3文型(他動型)の「S+V+O」です。
基本

主語を説明する文。第2文型「説明型(S+V+C)」の作り方

英語の文型で第2文型(説明型)と呼ばれる「S+V+C」の形をとる文型です。
基本

主語と自動詞で文を構成する第1文型「自動型(S+V)」の作り方

今回学ぶのは英語の基本の5つの文型のひとつ「第1文型(自動型)(S+V)」です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました