英語学習の当サイトおすすめ書籍

否定文の作り方

英語の基本を学ぶ

英語での否定文の作り方は「be動詞」と「一般動詞」で大きくわけて2つあります。

be動詞の否定文

be動詞の疑問文は肯定文で使われてるbe動詞に「not」を付加することで表現できます。

例文
You are Mike.(あなたはマイクです。)・・・肯定文
   ↓
You are not Mike.(あなたはマイクではありません。)・・・否定文

He is Mike.(彼はマイクです。)・・・肯定文
   ↓
He is not Mike.(彼はマイクではありません。)・・・否定文

このように「主語+be動詞+not・・・.」で否定文になります。

be動詞の否定文
be動詞の否定文はbe動詞の後ろに「not」を持ってくることで否定文になる
また通常はbe動詞とnotは短縮系で表現される。
am not → ain’t(あまり使われない)
are not → aren’t
is not → isn’t
was not → wasn’t
were not → weren’t

一般動詞の否定文

一般動詞の疑問文はbe動詞とは違って一般動詞の前に「Do(またはDoes) not」を持ってくることで否定文になります。

「Do」と「Does」の使い分け
主語が三人称単数以外(I,you,they)の場合はDo
主語が三人称単数(he,she,it)の場合はDoes

英語ではこのような「Do」を助動詞と呼びます。

例文
You read a book.(あなたは本を読みます。)・・・肯定文
   ↓
You do not read a book.(あなたは本を読みません。)・・・否定文

He reads a book.(彼は本を読みます。)・・・肯定文
   ↓
He does not read a book.(彼は本を読みません。)・・・否定文

  • 一般動詞の否定文は一般動詞の前にdo notまたはdoes notを付加する。
  • 否定文になった場合の動詞は原形(三人称単数の「S」は取れる)に戻る。