英語学習の当サイトおすすめ書籍

【副詞】頻度副詞の置かれる位置

英語の辞書

副詞の中でも「頻度」や「程度」を表す副詞を頻度副詞と呼びます。

頻度副詞は動詞の種類、助動詞の有無によっておかれる位置が基本的には決まってきます。

副詞とは

副詞とは動詞や形容詞など名詞以外、さらには他の副詞や文節を修飾する語や節です。
副詞には時間、場所、頻度、態度や状態、確信の度合い、程度、原因、結果、否定、肯定を表すものと数多くの種類の副詞が存在します。

頻度副詞とは

頻度副詞とは副詞の中でも「頻度」や「程度」を表す副詞です。

頻度副詞が表す頻度

頻度副詞は、それぞれが表す「頻度」「程度」によって使い分けることができます。

頻度副詞 意味 頻度
always いつも、常に 100%
usually, generally 普段、大抵 80%
often, frequently, not always しばしば、よく、いつもではないが 60%
sometimes 時々 50%
occasionally たまに 20%
seldom, rarely, hardly ever, almost never 滅多にない 10%
never 決してない 0%

頻度副詞を置く位置

基本的に、頻度副詞は一般動詞の前、動詞が2つ以上の場合は1つ目の動詞の後、be動詞の場合はbe動詞の後ろ、助動詞が存在する文の場合は助動詞の後ろに置かれます。

一般動詞の例

基本的に、頻度副詞は一般動詞の場合は一般動詞の前に置きます。

例文
  • My parents always nag me.
    両親はいつも私にガミガミ言う。

be動詞の例

基本的に、頻度副詞はbe動詞の場合はbe動詞の後ろに置きます。

例文
  • He is very smart.
    彼はとても賢い。
  • That is totally out of the question.
    それは全く問題外です。
  • You are absolutely right.
    あなたは全く正しい。
  • My parent are always supportive.
    両親はいつも力になってくれます。

助動詞のある文の例

基本的に、頻度副詞は助動詞がある場合は助動詞の後ろに置きます。

例文
  • I can hardly imagine it.
    私にはほとんど想像できません。
  • I have never broken the low.
    私は法律を犯したことはありません。
  • I have never been to Tokyo.
    私は東京に行ったことはありません。

その他の副詞に関する記事

英語の辞書【品詞】英語での品詞の種類