英語学習の当サイトおすすめ書籍

完了、結果、経験、継続を表す現在完了形をマスターする

英語の基本を学ぶ

英語では現在完了形と呼ばれる、日本人にとってはちょっと理解しにくいものがあります。
でもこれは必ずと言っていいほど試験にでますのできっちり覚えてしまいましょう。

完了(結果)、経験、継続を表す現在完了形

英語では「完了」「結果」「経験」「継続」をあらわすのには現在完了形と呼ばれる形を利用します。

現在完了形の基本は以下の通りです。

現在完了形とは
  • 現在完了形は「have(has)+動詞の過去分詞」であらわす。
  • 現在完了形では「完了」「結果」「経験」「継続」をあらわすことができる。

現在完了形の形

現在完了形は必ず「have(has)+動詞の過去分詞」という形になります。

例文
I lost my pen.(過去形:わたしはわたしのペンをなくした。)
I have lost my pen.(過去形:わたしはわたしのペンをなくしてしまった。)

となります。

日本語では両方「なくした」と過去のことのようですが、過去形は「過去のある時点」のことを表現しており、現在の状況はわかりません。
ペンが見つかったのかもしれないし、そのままないのかも知れない。

でも現在完了形は「過去のある時点からずっと継続している(継続)」ことをあらわすので、なくした時点から現在もペンはないのです。

このように日本語では同じような表現でも英語では明確に違いがあります。

現在完了形【継続】

現在完了形は過去のある時点から現在までずっと「継続」していことを表現することができます。

例文
I have lievd in Tokyo since 2000.(わたしは2000年からずっと東京にすんでいます。)

ここでのポイントは「ずっと」なのです。過去のある時点(この場合は2000年)から現在まで継続して東京にすんでいるのです。

現在完了形【経験】

現在完了形はこれまでの「経験」を表現することができます。

例文
Have you ever been to Osaka?(あなたは大阪へ行ったことがありますか?)
Yes, I have.(はい、あります。)
No, I haven’t.(いいえ、ありません。)

ここは疑問文になっていますが「have(has)+過去分詞」の現在完了形を使って「経験」をたずねています。
(疑問文の場合は「have(has)」をbe動詞や助動詞と同じように文の先頭に持っていって疑問文を作ります。)

現在完了形【完了】

現在完了形は「完了」を表現することができます。

例文
I have finished my homework.(わたしは宿題を終えたところです。)

「完了」は今まさに終えたところと言ったことを表現できます。

まとめ

現在完了形のまとめです。

現在完了形とは
  • 現在完了形は「have(has)+動詞の過去分詞」であらわす。
  • 現在完了形では「完了」「結果」「経験」「継続」をあらわすことができる。

よく試験に出る形なのでしっかりと覚えましょう。